知って得するプラセンタ効果人気

人気があるプラセンタ

 

プラセンタ効果には美容効果に優れているもの、健康効果が高いものとわかれる場合もあります。

プラセンタ種類

そこでまずプラセンタの種類と特徴をまとめてみました。

 

プラセンタは抽出する胎盤によって変わってきます。

 

  • ヒトプラセンタ
  • 馬プラセンタ
  • 豚プラセンタ
  • 羊プラセンタ
  • 植物性プラセンタ
  • 海洋性プラセンタ

 

その名前のと通り人や馬、豚に羊といったようにそれらの胎盤から抽出しています。
植物性や海洋性は胎盤という臓器がないのでかわる部分からの抽出になっています。

 

ここで大きく違ってくるのは胎盤から抽出したものには成長因子があります。
しかし植物性や海洋性には成長因子はふくまれていません。

 

この成長因子ダメージを受けた細胞から新しい細胞を作り出すのを助ける働きがあるものと考えられています。
そのため美容効果はもちろん健康効果を必要とするなら成長因子を含んでいるプラセンタをお勧めします。

 

胎盤があるヒトプラセンタは注射での摂取しかありません。
医療機関やクリニックでの投与になり、しかもコストが高くつくと敬遠されています。

品質

そこで馬や豚、羊のプラセンタが魅力あるプラセンタとしてあげられます。
この3つのプラセンタを比べるポイントとなるのが品質と安全性です。

 

まずは品質からみてみましょう。

 

今現在市場を大きく占有しているのは豚プラセンタです。
豚は1年に数回出産をします。
そのことで多く手に入るためコストを下げて販売することができるのです。
しかし品質で見ると豚の胎盤は1回につき複数出産するため胎盤が薄くなり栄養価がやや少ないとされています。

 

羊プラセンタは海外セレブも愛用しているといわれているぐらい人気のプラセンタです。
栄養価も高いと評判です。
しかしながら日本ではあまりメジャーではありません。

 

馬プラセンタの馬は1年に1頭しか出産しないため豚と逆でコストが高くなるといわれています。
1つの胎盤で1頭の出産になるので胎盤は分厚く栄養価が高いとされています。
品質でみると馬プラセンタが高品質と言えるようです。

 

では次に安全性を見てみましょう。
豚は複数飼育をするといわれており病気にも弱く感染しないようにワクチンの投与や薬を与えられているといわれています。
そのため豚プラセンタを選ぶときはどのように育った豚なのかを知る必要があります。
SPF豚は管理された飼育方法で育っているため安全性には問題ないとされています。

 

羊も馬も病気に強くしっかりと管理した飼育方法で育てられているため安全性には問題はないとされています。

人気

この2つの面からみると品質も安全性にも優れているのが馬プラセンタと言えるでしょう。
値段的には決して安いとは言えない馬プラセンタです。
しかし高品質と安全性に勝る物はないようで今人気があるプラセンタとなっています。

 

美容効果も健康効果もしっかり実感できるとあって注目度も高く、また口にするものなので安全面が最も気になる点のようです。
それらをクリアしている馬プラセンタ人気があるプラセンタといえるでしょう。