知って得するプラセンタ効果 歯周病

歯周病にも効果的?!

題名を見て驚いている方も多いかもしれません。
一般的に言われているプラセンタ効果の中には出てこないものです。
だからこそこのサイトでしかしることができない情報かもしれません。
まさに知って得するプラセンタ効果といえるでしょう。

 

歯周病と言いましたが他の口腔内の治療にも効果的とされているのです。
実際に臨床実験が行われて75%もの人が有効だったと答えています。
その結果を受けて今では多くの歯科医院が治療に役立てているという現状です。

 

主に口腔内治療にプラセンタ注射が用いられています。
そのプラセンタ注射が有効的な病気にには主に3種類があげられます。

 

 

口内炎の改善
歯周病の治療・予防
顎関節症の改善
これら3種類の治療に有効とされ、積極的に治療に導入されているのです。

 

ではいったいどんなプラセンタ効果が有効なのでしょうか?
詳しく説明していきます。

 

口内炎の改善

まずは口内炎の改善から見ていきましょう。
口内炎、まさに多くの方が1度は必ずと言っていいほどできたことがある物ではないでしょうか?
口内炎とはまさに口の中の炎症そのものです。
口腔内はウイルスや細菌などが入りやすい状態です。
粘膜でバリアを作って防いでいるのですがその粘膜がストレスやビタミン不足、寝不足、外的刺激などによって壊され免疫力を失ったときにできるものとされています。
また疲れがたまっていることや、ホルモンバランスの乱れからも口内炎はできやすい状態と言えるのです。
ここでプラセンタ効果が活躍するのです。
プラセンタ効果にはホルモンバランスを整えたり、疲労回復など効果的です。
炎症を抑える効果もあります。
そのため表面からではなく体の内面から治療するプラセンタ治療が有効的というわけです。

 

歯周病の治療・改善

歯周病、皆さんが想像するのはぶにょぶにょ歯茎の中のぐらぐらの歯・・・といったイメージでしょうか?
その通りです。
歯周病は歯茎のポケットに汚れがたまり細菌が繁殖してしまい、歯茎からだめにしてしまうと病気です。
これは歯が虫歯ではなくてもなってしまう恐ろしい病気です。
歯周病になってしまうことで歯が抜け落ちてしまったり、細菌が増えて他の病気に発展してしまうなど油断禁物の病気なのです。
ここでもプラセンタ効果が役立つのです。
免疫効果を高めてくれるので細菌にまけない歯茎環境にしてくれるのです。
予防はもちろん治療にも効果的なのです。

 

顎関節症の改善

顎関節症はあごが外れやすかったり、かくかくしたり、スムーズに動かなかったりするのがこれらの症状です。
多くの方が激痛がないうちは病院に行かなかったり我流であごをはめ込んだりしている人がいます。
近年ストレスで顎の環境が悪くなっているといわれています。
そのためこのような症状で悩んでいる人は増加傾向にあります。
ここでプラセンタ効果が活躍するのです。
効果には関節をスムーズにする役割や、なくなった部分を再生する効果もあります。
そのため顎関節症を改善したり、軽減するように導いてくれる働きがあるのです。

 

このようにプラセンタ効果が有効的にあることがお分かりいただけたのではないでしょうか?
最もこれらの症状に効果的とされるのはプラセンタ注射です。
歯科医院ではプラセンタ注射を歯茎に接種して治療を行います。
歯茎に直接接種するためその効果の表れははやいでしょう。

 

プラセンタ注射にはデメリットもあるためよく考えたうえでの接種をおすすめします。