知って得するプラセンタ薬理効果

確認されている薬理効果

 

プラセンタは栄養素の宝庫であることは何度も書いてきました。

 

プラセンタは薬ではなく健康食品なので予防のための物です。
病気を治すものではありません。

 

でもプラセンタの偉大な力は私たち人間の体に大きな力を与えてくれるものです。
プラセンタは1つ1つの細胞に活力を与え、調子が悪いところに働きかけ調整してくれる働きがあるのです。

 

薬理効果

 

その薬理効果にはさまざま物があります。

 

  • 基礎代謝向上作用(基礎代謝を高めることで細胞や組織を活性化したりする作用)
  • 疲労回復作用
  • 活性酵素除去作用
  • 体質改善作用
  • 細胞活性化作用
  • 血圧調整作用
  • 抗突然変異作用
  • 強肝・解毒作用(肝臓の働きを高める作用)
  • 呼吸促進作用
  • 自律神経調整作用
  • 創傷回復促進作用
  • 妊婦の乳汁分泌促進作用
  • 血行促進作用
  • ホルモン調整作用
  • 食欲増進作用
  • 造血作用
  • 免疫賦活作用(病気に対する免疫を高める作用)
  • 精神安定作用
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用

 

多くの効果が確認されています。

 

プラセンタ生命の源であるので動物が出産後に自分の胎盤を食べて厳しい自然界を乗り越えていくことができるのでしょう。
そんなプラセンタを私たち人間も必要としているのだと思います。